重要なお知らせ

アイピル

アイピル 避妊薬|アフターピル
アイピル
有効成分レボノルゲストレル1.5mg
内 容 量1箱1錠1回分
メーカーピラマルヘルスケア
発 送 国シンガポール・インド
避妊(ピル)とは 
医薬品説明
アイピルは、緊急避妊薬として世界各国で支持を得ている医薬品です。
日本国内で処方されているノルレボ錠のジェネリック医薬品でもあり、シプラという製薬会社が製造・開発しています。
日本人女性の中ではお守り代わりに一錠携帯している人も多くいらっしゃいます。
有効成分はレボノルゲストレル1.5mgです。
避妊具を使用せずに性行為をしてしまった場合やコンドームなどが破れるなどした時に服用する事で、妊娠を防ぐことが出来るピルとなっています。
性行為の24時間以内に服用する事で、より高い確率で避妊効果を発揮します。
時間が経つごとに妊娠を防ぐ確率が減っていってしまうので、なるべく早めに服用することが大事です。性行為の後になるべく早く、アイピルを1錠服用します。
服用は性行為の72時間以内であることが条件です。
これはあくまでも緊急的な場合のものであり、体への負担が大きいので日常使いするものではありません。妊娠を防ぐ薬なので女性専用となっています。
もしもの時の保険として1錠は常備しとく方が多いです。

※セット販売になっている妊娠検査薬は、尿の採取のみなので手軽に検査が行えます。
検査をしてから1分程度で結果が出るため時間を取りません。
判定結果は正確でその確率は99%以上と言われています。
使用方法
性交後72時間以内に1回1錠を服用して下さい。
24時間以内の服用で、より避妊効果は高まります。
副作用
頭痛・めまい・不正子宮出血・月経過多・月経遅延・下腹部痛・下痢・腹痛・嘔吐・貧血・倦怠感・口渇
注意点
避妊措置に失敗した又は避妊措置を講じなかった性交後に緊急的に用いる避妊薬です。
通常の避妊薬のように計画的に妊娠を回避するものではありません。
肝障害のある方は、服用にご注意下さい。
心疾患・腎疾患又はその既往歴のある方は、服用にご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
アイピルに関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
⇒レボノルゲストレル
TOPに戻る