重要なお知らせ

レボクイン

レボクイン 男女クラミジア│淋病
レボクイン
有効成分レボフロキサシン250mg・500mg
内 容 量1箱10錠
メーカーシプラ
発 送 国シンガポール・インド
性感染症とは 
医薬品説明
レボクインは、シプラ社が販売するニューキノロン系の抗生物質で感染症の治療薬です。
従来の抗生物質と比べて、抗菌機能が強く多様な病原菌への有効性が認められています。
クラミジアや淋病といった感染性の性病治療に良く用いられる薬で、クラビット錠のジェネリック医薬品です。
有効成分としてレボフロキサシン250mg・500mgを含む2種類の商品があります。
感染菌のDNA複製を妨げる事で、殺菌効果を示します。
服用方法は、1日1回に500mgを経口服用します。
副作用は、他の系統の抗生物質に比べて、アレルギー反応は少ないとされています。
この系統の薬剤は服用によって、光線過敏症を引き起こす可能性が報告されています。
服用後に日光にあたった箇所が赤くなったり、水ぶくれを引き起こすこともあるので、肌が弱い人などは服用期間中に直射日光に当たるのは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。
性行為前に服用する事で予防にもなります。
使用方法
1日1回500mg(250mg×2錠)を食後に服用して下さい。
クラミジア治療には10日~14日間服用します。
副作用
発疹・不眠・めまい・頭痛・嘔吐・下痢・腹部不快感・腹痛
注意点
腎機能に障害のある方は、高い血中濃度が持続する事がありますので、ご注意下さい。
てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方は、ご注意下さい。
キノロン系抗菌薬に対し過敏症のある方は、ご注意下さい。
重篤な心疾患(不整脈、虚血性心疾患等)のある方は、ご注意下さい。
重症筋無力症のある方は、ご注意下さい。
高齢者は服用にご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
レボクインに関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
⇒レボフロキサシン
TOPに戻る