重要なお知らせ

クロミッド

クロミッド 男女不妊症・排卵誘発
クロミッド
有効成分クロミフェンクエン酸塩50mg
内 容 量1シート5錠
メーカーセラム
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
クロミッドは、セラムが開発した排卵誘発剤で主に不妊治療に用いられています。
有効成分のクロミフェンクエン酸塩50mgが、女性ホルモンの分泌を活発にして、卵胞を育て、無排卵月経を改善し、排卵できる状態へ導きます。
クロミッドの服用により、月経はあるものの無排卵であった患者の7割以上が排卵に成功したというデータがあります。
不妊治療をクリニックで行う場合、費用も掛かる上、定期的に通院しなければならず、仕事や家事に支障が出るケースも少なくありません。
クロミッドを利用することで、こうした手間やコストを抑えて、無理なく不妊治療に専念できます。
生理開始の5日目から1日1錠を5日間服用することで、服用終了後から1週間から2週間ほどで排卵が期待できます。
副作用としては、ほてりやイライラ感や倦怠感、目のかすみや頭痛、吐き気が生じる場合があります。
基本的には女性向けですが、男性が服用することで男性ホルモンが活性化し、精子形成を助け、男性不妊症の改善にも役立つことがあります。
使用方法
1クールを5日間とし、月経初日から1錠(50㎎)を5日間服用して下さい。
服用終了後、1~2週間で排卵が起きます。
排卵出来なかった際は、1クールの用量を1錠(100㎎)を5日間服用して下さい。
それ以上の増量は避けて下さい。
副作用
虚血性視神経症・発疹・精神変調・頭痛
注意点
子宮筋腫のある方は、子宮筋腫の発育を促進するおそれがあるので、ご注意下さい。
子宮内膜症のある方は、症状が増悪するおそれがあるので、ご注意下さい。
乳癌の既往歴のある方は、乳癌が再発するおそれがあるので、ご注意下さい。
肝障害・肝疾患の既往歴のある方は、肝障害を悪化させるおそれがあるので、ご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
クロミッドに関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
クロミフェンクエン酸塩
TOPに戻る