重要なお知らせ

ジルテック・ジェネリック

ジルテック・ジェネリック 男女花粉症ジルテック
ジルテック・ジェネリック
有効成分セチリジン塩酸塩10mg
内 容 量1箱100錠
メーカーシプラ
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
春のスギ花粉が飛び交う時期、花粉症の症状であるアレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎で悩まれている方も多いことでしょう。
その際に使用する抗アレルギー薬の多くは眠気が生じたり、のどが渇いたりするものが多かったのですが、こうした副作用をかなり軽減したり、抑えたもので第2世代の抗アレルギー薬として普及していたのがジルテックでした。
ヒスタミン受容体をブロックしてアレルギー症状の発症を抑えることから抗ヒスタミン薬とも呼ばれています。ジルテックはセチリジン塩酸塩薬のことです。
通常は大人の場合1回10mg、1日最大20mgが処方されます。
最大の特徴は即効性があることと持続性があることで、国内では2009年に小児用としても認可されました。小児への処方量は大人の半分ほどです。
かつては医師の処方箋により、決められたメーカの薬のみが処方薬局から提供されていましたが、近年、特許期間が終了し、ジルテック・ジェネリックも出回るようになっています。
そのうちのひとつが、インドのジェネリック薬メーカ最大手で、創業80年という老舗企業のシプラです。シプラからは、有効成分セチリジン塩酸塩10mgの錠剤が発売されています。
最近は医薬品の輸入代行業者からでも購入できますので、毎年同じような時期に花粉症に悩まされ、毎年その都度、検査代や診療代、処方手数料を支払っている方でも安心して利用できるのが特徴です。
ジェネリックのアレリドは、ジルテックの1/3価格で購入出来、同一成分なので効果や安全に問題無し!常備薬だからこそ価格は重要です!
使用方法
1回10mgを1日1回、就寝前に服用して下さい。
副作用
頭痛・倦怠感・めまい・嘔吐・口渇・腹痛・蕁麻疹
注意点
腎機能に障害のある方は、高い血中濃度が持続する事がありますので、ご注意下さい。
肝機能に障害のある方は、高い血中濃度が持続する事がありますので、ご注意下さい。
てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方は、ご注意下さい。
高齢者は服用にご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
ジルテック・ジェネリックに関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
⇒セチリジン
TOPに戻る