重要なお知らせ

インドメタシン

インドメタシン 男女痛み止め
インドメタシン
有効成分インドメタシン25mg・75mg
内 容 量1箱100錠
メーカージャグソンパル
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
インドメタシンは、ジャグソンパルが製造する痛み止め薬です。
インドメタシンは、日本でも湿布薬や塗るタイプの鎮痛剤として使われていますが、これは外用薬ではなく内服薬であり経口タイプの薬になります。
有効成分として、インドメタシン25mg・75mgが配合されており、主として鎮痛や解熱効果が期待できます。
肩こりや筋肉痛、腰痛や関節リウマチによる痛みや腫れ、発熱等に働きかけ、症状を緩和する効果があります。
鎮痛剤ですので、痛みや熱を発している原因そのものを治療するものではありません。
外用薬と比べて、内服薬ですので、体中の隅々まで効果が行き渡り、即効性や持続性が高いのがメリットです。
1回25㎎を1日1回から3回に分けて服用し、体格や症状等にもよりますが、1日の最大量は75㎎となります。服用すると眠気が生じる場合がありますので、車の運転は控えるのが無難です。
使用方法
1回25㎎を1日1~3回に分けて服用して下さい。
1日の最大量は75㎎です。
副作用
腹痛・口渇・食欲不振・悪心・嘔吐・貧血・蕁麻疹・頭痛・眠気・めまい
注意点
出血傾向のある方は、血小板機能異常が起こることがあるため、出血傾向を助長するおそれがあるので、ご注意下さい。
肝障害又はその既往歴のある方は、肝障害が悪化又は再発するおそれがあるので、ご注意下さい。
腎障害又はその既往歴のある方は、プロスタグランジン合成阻害作用により、腎血流量低下及び水、ナトリウムの貯留が起こるため、腎障害が悪化又は再発するおそれがあるので、ご注意下さい。
心機能異常のある方は、プロスタグランジン合成阻害作用により、水、ナトリウムの貯留が起こるため、心機能異常が悪化するおそれがあるので、ご注意下さい。
高血圧症のある方は、プロスタグランジン合成阻害作用により、水、ナトリウムの貯留が起こるため、血圧が上昇するおそれがあるので、ご注意下さい。
高齢者は、ご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
インドメタシンに関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
インドメタシン
TOPに戻る