重要なお知らせ

ポスティノール2

ポスティノール2 避妊薬|アフターピル
ポスティノール2
有効成分レボノルゲストレル0.75mg
内 容 量1箱2錠1回分
メーカーGedeon Richter
発 送 国シンガポール・インド
避妊(ピル)とは 
医薬品説明
ポスティノール2は、GedeonRichterが製造している事後避妊薬です。
一般的なピルは性行為の前に連続的に服用することで、ホルモンの調整をして妊娠しづらい状態にしますが、アフターピルは事情により事前に避妊ができなかった場合の緊急避難的な役割として、妊娠を阻止するよう働きかけます。
そのため、事前に万全の体制で準備を行う低用量ピルなどとは異なり、避妊率は100%ではありません。
たとえば、コンドームによる避妊対策をしたものの、コンドームが破れてしまったとか、何らかの事情やトラブルで避妊ができなかった場合に、望まない妊娠を可能な限り防ぐ役割を果たしてくれます。
有効成分であるレボノルゲストレル0.75mgが配合されており、ポスティノール2はアフターピルの中では強力な避妊効果が期待できる1つです。
有効成分が精子が子宮内に入っていけないようバリアを張って卵子の受精を防ぎ、また、内膜の増殖を抑えて受精卵の着床を阻止する働きがあります。
服用は2回に分けて行う必要があり、まずはセックス後72時間以内に1錠を、その12時間後に1錠を飲みます。
時間はきっちり守ることを要し、12時間以上、間隔があいてはいけません。
使用方法
性交後72時間以内に1回1錠を服用して下さい。
更に12時間後に1錠服用します。
1回目を24時間以内に服用すれば、より避妊効果は高まります。
副作用
頭痛・めまい・不正子宮出血・月経過多・月経遅延・下腹部痛・下痢・腹痛・嘔吐・貧血・倦怠感・口渇
注意点
避妊措置に失敗した又は避妊措置を講じなかった性交後に緊急的に用いる避妊薬です。
通常の避妊薬のように計画的に妊娠を回避するものではありません。
肝障害のある方は、服用にご注意下さい。
心疾患・腎疾患又はその既往歴のある方は、服用にご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
ポスティノール2に関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
⇒レボノルゲストレル
TOPに戻る