重要なお知らせ

セラゼッタ

セラゼッタ ミニピル
セラゼッタ
有効成分デソゲストレル0.075mg・エチニルエストラジオール0.03mg
内 容 量1シート28錠
メーカーオルガノン
発 送 国シンガポール・インド
避妊(ピル)とは 
医薬品説明
セラゼッタはオランダ・オルガノン社の製品で、同社で開発されたマーベロンのジェネリック医薬品として開発された医薬品です。
特徴としては従来のピルとは異なり黄体ホルモン(プロゲストーゲン)は含まれていますが卵胞ホルモン(エストロゲン)は含まれていないので、第1世代や第2世代に開発されたピルに比べ副作用による体への負担がとても軽減されているのが特徴です。
こういった卵胞ホルモン(エストロゲン)含まないピルはミニピルと言われていて、近年ではとても注目されていますが、入手するにあたり処方されても保険適用外となるので海外通販を利用して入手される方が多いのもまた特徴といえます。ピルの分類としては第3世代の1相性ピルとなっています。
避妊効果の他に生理痛の緩和や生理不順の予防・改善、肌のトラブルや頭髪の抜け毛予防、さらには更年期障害の予防においても効果があり、女性ホルモンが少ないことから女性の悩みに多い大幅な体重増加もほとんどなく、ピルの服用においての副作用が気になる女性にはとてもおすすめです。
使用方法
月経初日から毎日1錠服用して下さい。
同一時間に服用する事で、避妊効果が高くなります。
3週間毎日服用して、1週間休みます(その間に生理が来て、29日目からまた飲み始めます)
これを繰り返し服用する薬です。
服用し忘れた場合は24時間以内であれば気付いた時点で服用して下さい。
24時間以降は、避妊効果が薄れますので、一端休止し翌月の月経から新しいシートを服用して下さい。
※こちらの効果や副作用、服用方法や使用方法に関しましては、販売国の説明書及び一般的な薬剤の情報を和訳して記載しています。
お薬110番では、服用、使用による一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
ご利用の際は医師や専門家にご相談の上、ご使用、ご服用されますようお願い致します。
副作用
頭痛・むくみ・嘔吐・倦怠感・下腹部の膨らみなどの報告を受けています。
注意点
結核や抗生物質のお薬を服用中の方は、併用に注意して下さい。
1日15本以上の喫煙者は、服用に注意が必要です。
また他の治療を受けている方は、掛かりつけの医師にご相談下さい。
TOPに戻る