重要なお知らせ

エストロモン(プレマリン)

エストロモン(プレマリン) 更年期障害改善
エストロモン(プレマリン)
有効成分結合型エストロゲン0.625mg
内 容 量1箱100錠
メーカーStandard Chem. & Pharma Co.,Ltd
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
エストロモンは更年期障害緩和や予防に効果的と言われている有名なプレマリンと同一成分で開発されたジェネリック医薬品です。もちろんプレマリンよりも大変安価でお求め頂けます。
更年期になると卵巣から分泌される卵胞ホルモン、別名エストロゲンの分泌が減少します。必要なホルモンの分泌が少なくなることで生理周期の不安定や、異常な発汗(寝汗)、頭痛や動悸、倦怠感など複数の症状が現れます。しかし、これらは代表的な症状でしかなく他の症状が出る人もたくさん存在します。
加齢が一番の原因とも言えますが、若い頃の生活習慣にも影響されやすく、若い頃に多忙で不健康な私生活(睡眠不足、偏食など)を送っている人や、無理な過剰ダイエットなど、身体へ負担をかけたことが原因で更年期前の性成熟期から若年性更年期障害を、引き起こしている人が増加しています。これは現在の日本の国民性に深く関係しています。
不摂生や年齢を重ねると伴に分泌量が減少するエストロゲンを、エストロモンを服用することで必要成分を補い、ホルモンのバランスを維持することができます。また、エストロモンは男性ホルモンの抑制効果や骨粗鬆の治療にも有効とされていて対象期にさしかかり、さまざまな症状で頭を悩まされている人や女性らしい体つきを保ちたい人からたくさんの支持があり、とてもおすすめです。
使用方法
通常、1日1〜2錠を水またはぬるま湯で服用して下さい。
症状によって服用量は異なりますので、掛かりつけの医師にご相談下さい。
※こちらの効果や副作用、服用方法や使用方法に関しましては、販売国の説明書及び一般的な薬剤の情報を和訳して記載しています。
お薬110番では、服用、使用による一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
ご利用の際は医師や専門家にご相談の上、ご使用、ご服用されますようお願い致します。
副作用
むくみ・過敏症・腹痛・食欲不振・頭痛・めまいなどの報告を受けています。
注意点
イプリフラボンとの併用は禁止されています。
エストロゲン作用(帯下、不正出血、経血量の変化等)が増強する可能性があります。
また他の治療を受けている方は、服用前に医師にご相談下さい。
TOPに戻る