重要なお知らせ

セディール

セディール 男女抗不安薬│睡眠薬
セディール
有効成分タンドスピロン10mg
内 容 量1箱42錠
メーカー大日本住友製薬
発 送 国シンガポール
不眠症とは 
医薬品説明
セディールに含まれている有効性分「タンドスピロン」には、ヒトの脳内にある「セロトニン受容体(5-HT1A)」に作用するとされています。
脳の中では神経物質がやり取りを行うことで、興奮や不安などを感じるようになります。
セロトニン受容体とは、感情などをコントロールする神経系が集まる部位となり、ここに成分が作用することで心身ともにリラックスした状態とすることが出来ます。
心身ともにリラックスすることによって、寝つきが悪い状態が続いてしまう不眠症などにも効果を発揮してくれます。
また、睡眠薬の服用を長期的に続けると「耐性」が出来てしまうとされていますが、タンドスピロンは耐性を形成しないとも言われています。
他の抗不安剤と異なるのは、セロトニン神経系にのみ作用することにあり、従来のベンゾジアゼピン系とは異なる作用によって「効不安作用」「抗うつ作用」を発揮してくれます。
部分的に作用するので、強い副作用などのリスクを抑えることも出来、重い副作用である「依存症」もセディールであれば生じないとされており、安全な新しいタイプの抗不安剤になります。
※発送商品に関して:日本で製造されている中国の国内版となります。
使用方法
タンドスピロンを1日30mg(3錠)に分けての経口服用して下さい。
年齢や症状によっても適宜増減しますが、1日の最大は60mg(6錠)までとしています。
※効果や副作用、服用方法や使用方法に関しましては、販売国の説明書及び一般的な薬剤の情報を和訳して記載しています。
お薬110番では、服用、使用による一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
ご利用の際は医師や専門家にご相談の上、ご使用、ご服用されますようお願い致します。
副作用
眠気・ふらつき・倦怠感・認知機能低下・肝機能障害・セロトニン症候群などが症状が起こることがあります。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい
注意点
他の抗不安剤や抗うつ剤と併用してしまうと、作用が強まったり副作用が現れやすくなります。
TOPに戻る