重要なお知らせ

アンピシリン・ジェネリック

アンピシリン・ジェネリック 男女淋病│梅毒
アンピシリン・ジェネリック
有効成分アンピシリン250mg・500mg
内 容 量1シート10錠
メーカーカディラファーマ
発 送 国シンガポール・インド
性感染症とは 
医薬品説明
アンピシリンジェネリックは、カディラファーマ社が製造しているウィルスや細菌に効く抗生物質です。
有効成分としてアンピシリン250mg・500mgを配合しており、代表的なペニシリン系の抗生物質に該当します。
この有効成分は、ペニシリンをベースに新たに開発合成されたもので、従来型のペニシリンよりも幅広い菌に作用します。
中耳炎や副鼻腔炎などの耳鼻咽喉系の感染症に始まり、尿路感染症などの泌尿器系、淋病などの性病にも高い効果を発揮します。
従来型のペニシリンでは対抗性が見られなかったグラム陰性桿菌にも作用し、非常に殺菌効果が高い薬です。
新たに開発された有効成分は、細菌の細胞質膜の透過性に優れ、細菌を攻撃できることから、グラム陰性桿菌のうち大腸菌やインフルエンザ菌、サルモネラ菌や赤痢菌を殺傷する力もあります。
病名や症状、体格等にもよりますが、成人は基本として1回あたり、250~500mgを1日4回~6回服用します。
性行為の前に服用する事で予防にもなります。
使用方法
1回250~500mgを1日4~6回服用して下さい。
年齢、症状によって用量が異なりますので、掛かりつけの医師にご相談下さい。
副作用
発熱・発疹・蕁麻疹・下痢・悪心・食欲不振
注意点
腎機能に障害のある方は、高い血中濃度が持続する事がありますので、ご注意下さい。
セフェム系抗生物質に対し過敏症のある方は、ご注意下さい。
気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい方は、ご注意下さい。
高齢者は服用にご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
アンピシリン・ジェネリック に関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
⇒アンピシリン
TOPに戻る