重要なお知らせ

パロキセチン(パキシル)

パロキセチン(パキシル) 男女抗うつ剤│精神安定剤
パロキセチン(パキシル)
有効成分パロキセチン20mg・40mg
内 容 量1瓶30錠・60錠
メーカーZydus Pharmaceuticals USA
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
パロキセチンは、ザイダス社が製造する世界的にも有名な抗うつ剤であるパキシルのジェネリック医薬品です。
パキシルは薬価が高いことで知られていますが、ジェネリック医薬品ですので、安価に手に入れることが可能です。
有効成分はパロキセチン20mg・40mgとなっており、有効成分や効果は同等でありながら、コストダウンができます。
パキシル・ジェネリックは先発薬と同様、うつ状態やうつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害PTSDなどに適用される薬です。
憂うつな気分を和らげて精神を安定させるとともに、意欲を高める働きがあります。
脳内にあるセロトニンに働きかけて、不安やイライラを解消し、意欲低下や食欲不振、不眠などを改善する効果もあります。また、自殺願望や強迫観念などからの解放も望めます。
副作用として、稀に神経が過敏になったり、発汗や発熱、下痢が起こることがあります。
使用方法
夕食後、1日1回20~40mgを水またはぬるま湯で服用してください。
始めての方は、10~20mgより開始して、1週毎に10mgを増量してください。
症状により用量は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。
副作用
軽度の吐き気・不眠・味覚障害・口渇・頭痛・ホテリどが報告されています。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい
注意点
パーキンソン病治療に使うレギリンは、セロトニン症候群になる重度の副作用があるため併用は、禁止されています。
また不整脈になる危険性があるピモジド(安定剤)も禁止です。
他に治療されている方は、かかりつけの医師にご相談ください。
より詳細な説明
パロキセチン(パキシル)に関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
パロキセチン
TOPに戻る