重要なお知らせ

アリップMT(エビリファイ)

アリップMT(エビリファイ) 男女抗うつ剤
アリップMT(エビリファイ)
有効成分アリピプラゾール5mg・10mg・15mg・20mg・30mg
内 容 量1箱100錠
メーカートレントファーマ
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
統合失調症の治療や精神安定剤、あるいは抗うつ剤としてよく用いられるのが、エビリファイのジェネリック医薬品であるアリップMTです。
統合失調症は、思考や行動などを目的に合わせて纏めることが出来ず、幻覚や妄想が見られたり、行動自体が纏まらないなどの症状の精神病です。
アリップMTの有効成分は、アリピプラゾール5mg・10mg・15mg・20mg・30mgで、症状に合わせて成分濃度を調節して利用します。
ドーパミンが適度に保たれ、統合失調症の陽性症状と休息期症状のどちらにも作用するというお薬です。抗うつ剤や精神安定剤に使用しても、高い効果が認められます。
精神病の治療薬は、長期に亘って服用することが必要となりますから、副作用が少ないという面からも、高い評価を得ているのでしょう。
アリップMTは、大手製薬会社の1つであるトレントファーマ社が製造販売を手がけています。
世界最高水準の規格に適合した医薬品を生産しており、世界中の市場で展開されている企業のひとつです。
使用方法
【うつ病】
5㎎を開始用量とし、1日1回服用して下さい。
症状によって、1日の最大量は15㎎まで増量出来ます。

【統合失調症】
5~10㎎を開始用量とし、1日2回服用して下さい。
症状によって、1日の最大量は30㎎まで増量出来ます。

【双極性障害】
10~15㎎を開始用量とし、1日1回服用して下さい。
症状によって、1日の最大量は30㎎まで増量出来ます。
副作用
不眠・神経過敏・めまい・頭痛・幻覚・便秘・嘔吐・腹痛・食欲不振・口渇・倦怠感・発熱
注意点
糖尿病または高血糖の方は、服用を禁止しています。
肝機能障害のある方は、血中濃度が上昇するおそれがあるで、ご注意下さい。
自殺念慮又は自殺企図の既往のある方は、ご注意下さい。
脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある方は、精神症状が増悪することがあるので、ご注意下さい。
衝動性が高い併存障害を有する方は、精神症状が増悪することがあるので、ご注意下さい。
てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方は、痙攣発作を起こすことがあるんで、ご注意下さい。
高齢者の方は、ご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
アリップMT(エビリファイ)に関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
アリピプラゾール
TOPに戻る