重要なお知らせ

アスピリン・ジェネリック

アスピリン・ジェネリック 男女痛み止め
アスピリン・ジェネリック
有効成分アスピリン75mg・150mg・325mg
内 容 量1箱98錠
メーカーユーエスブイ  
発 送 国シンガポール・インド
 
医薬品説明
ユーエスブイのアスピリンジェネリックは、有効成分がアスピリン75mg・150mg・325mgとなっており、アスピリンと同様の効果があります。
解熱作用や抗炎症作用があるため、関節リュウマチなどの痛みや、腰痛、歯痛、月経痛、痛風などの痛みを緩和する働きがあります。
年齢や病気によって、服用する薬の量が違ってくるため、医師や薬剤師にきちんと説明を受けておく必要があります。
アスピリンジェネリックは、妊娠中の場合は服用をすることが出来ないため、注意をするようにして下さい。
アスピリンジェネリックは、喉の渇きなどの副作用が見られる場合がありますが、アスピリンと同様に大変安全性の高い医薬品なので、安心して服用出来ます。
優れた効果のある痛み止めなので、1日に摂取量をきちんと守ることで、辛い痛みを改善することができます。
使用方法
【痛みの鎮痛】
痛みを感じた時に1回500~1500㎎を服用して下さい。
次回の服用までに4時間以上は空けて下さい。
1日の最大量は、4500㎎です。
(関節リウマチ,リウマチ熱,変形性関節症,強直性脊椎炎,関節周囲炎,結合織炎,術後疼痛,歯痛,症候性神経痛,関節痛,腰痛症,筋肉痛,捻挫痛,打撲痛,痛風による痛み,頭痛,月経痛)

【解熱・急性上気道炎】
1回500~1500㎎を服用して下さい。
副作用
食欲不振・胸やけ・悪心・嘔吐・胃痛・腹痛・蕁麻疹・貧血・めまい・頭痛
注意点
消化性潰瘍の既往歴のある方は、消化性潰瘍を再発させることがあるので、ご注意下さい。
血液の異常又はその既往歴のある方は、血液の異常を悪化又は再発させるおそれがあるので、ご注意下さい。
肝障害又はその既往歴のある方は、肝障害を悪化又は再発させるおそれがあるので、ご注意下さい。
腎障害又はその既往歴のある方は、腎障害を悪化又は再発させるおそれがあるので、ご注意下さい。
高齢者は、ご注意下さい。
※使用方法や効果、副作用の情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、お薬110番では一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談下さい。
より詳細な説明
アスピリン・ジェネリックに関するより詳細な説明は下記よりご覧下さい。
アスピリン
TOPに戻る