お荷物追跡

出荷時にお知らせした配送番号を入力して下さい

電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用等につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

片頭痛(偏頭痛)[ Migraine ]

片頭痛(偏頭痛)とは
片頭痛、偏頭痛とも呼ばれるこの病気は、慢性的な頭痛を引き起こすものです。
頭の片側、もしくは両側のこめかみから目のあたりの範囲で、「ズキズキ」と脈打つような痛みがあるのが特徴であり、一度片頭痛の症状が出ると、それは大体4時間から長い人で72時間ほど続きます。
片頭痛は、拡張した頭蓋骨の血管が炎症を起こしてしまい、頭痛となる。と考えられています。
「考えられている」という表現になったのも理由があり、片頭痛の原因はまだ完全に明らかになっておりません。
ストレスや疲労によって引き起こされると言われており、また、片頭痛に苦しむ人の性差を分けると、女性が男性の4倍もの数値に記録したことから、女性ホルモンも片頭痛に影響を与えるとも言われています。
片頭痛は痛みの前に前兆がある場合とない場合のものがあり、前兆が起こる際は目に「チカチカ」とした発光体を感じます。
その光が視界を覆うという「閃輝暗点(せんきあんてん)」の症状が出ることが多く、これが時として手足の感覚がにぶり、しびれを感じるなどという結果にも繋がります。
そして痛みを感じ始めると、頭部全体にまで痛みが広がることもあり、音や光、臭いといった感覚への過剰反応がおこり、吐き気が起こる場合もあります。
わずかな体の動きでも痛みが強まることがあるため、一度片頭痛が起きてしまうと何もできなくなり、寝込むしかない状況となる場合もあります。
その頻度は月に1、2度。多い時で週に1、2度起こる場合もありますが、片頭痛は一度痛みが治まるとそれまでの痛みがまったく残らないタイプの病気ですので、根本的な治療にあたらず、鎮痛剤を飲んで終了。という方も多いものです。
片頭痛が起こるまでのサイクルが短くなってくるのも大変なことですので、はっきりとした原因は不明という片頭痛ですが、しっかりとした情報を得れば対策の選択肢も増えますので、「わからない頭の痛み」でフタをせずに向き合ってゆくことが重要です。
片頭痛(偏頭痛)とは
片頭痛の原因と特徴
頭痛には大きく分けて二つの種類があり、「一次性頭痛」「二次性頭痛」と分類されています。

一次性頭痛

「一次性頭痛」は慢性的な頭痛を指すもので、先述した「片頭痛」がその代表格と言えます。
他にも一次性頭痛として「緊張型頭痛」があげられます。
これはまるで頭が万力か何かでゆっくりと締め付けられるような痛みが生じるもので、「鈍重なる痛み」とも称されます。
デスクワークが多く、前かがみの姿勢を長時間続けると肩や首のコリが慢性的になり、常に鈍い痛みが頭に生じるようになります。
他にも「群発頭痛」と呼ばれる頭痛も存在します。年に数回、数年に一回という少なさですが、激しい頭の痛みに襲われ、それが一、二ヶ月は続いてしまうというものです。一次性頭痛の中で最も激しいものと呼ばれており、床を転げまわるような痛みがあると言います。これは主に男性に症状が現れることが多いことで知られています。
もう一つが「後頭神経痛」と呼ばれる頭痛です。後頭部から側頭部・頭頂部に対し、皮膚の表面がちくりと痛み、それを感じた直後には痛みが治まっているのが特徴です。持続時間こそ短いですが、髪の毛を触るだけで痛みを感じる場合もあるという、神経痛の一種でもあります。
最後は「薬剤誘発性頭痛」です。
上記のような頭痛に対して頻繁に頭痛薬を服用することを繰り返すことで、痛みに対して敏感になり「痛くなる前に薬を飲もう」という気持ちが逆に頭痛を誘発させる・・というものです。

二次性頭痛

二次性頭痛とは、普段は頭痛になることがない方が急に起こる頭痛であったり、慢性的な頭痛と付き合っている方がいつも起こっている頭痛とは違う。といった違和感を得るなど、危険な状態へと繋がるシグナルである可能性が高い頭痛です。「生命にかかわる頭痛」とも呼ばれています。
こうした二次性頭痛を放っておくと命に関わる場合もありますので、一刻も早い精密検査を受ける必要があります。
二次性頭痛の代表格は「脳腫瘍」です。脳の組織の中で異常細胞と言われるものが増殖をしてしまう腫瘍を言い、1万人に1人の発生頻度と言われていますが、数か月の期間をかけて次第に痛みが増してゆくというのが脳腫瘍の特徴ですので、違和感のある頭痛には注意が必要です。
他には「もやもや病」も二次頭痛の中で有名です。脳を走る血管の内、太いものの口径が狭くなることにより、血流を補完するべく新たな血管(もやもや血管)が作られますが、細く弱いこのもやもや血管が詰まり、破れたりすることで発症に至ります。大声で歌ったり過呼吸状態が原因で引き起こされることもあります。
他にも脳脊髄液減少症など、めまい、耳鳴りを引き起こすものもあり、頭痛そのもの種類、痛み方の違和感にも注意を払うべきです。
片頭痛の原因と特徴
片頭痛を引き起こすメカニズム
片頭痛のメカニズム、どういう流れで頭の痛みに行きつくのでしょうか。
ズキズキとした「脈打つ痛み」が特徴の片頭痛は、頭の中で血管が拡張されることが原因となり、その拍動に沿って神経に刺激が伝達してゆきます。
何らかの原因で脳の太い血管が広がると、その周囲に存在する大きな神経「三叉神経」に圧力がかかります。その結果、三叉神経は「神経ペプチド」と呼ばれる「痛みを引き起こすぶっしつ」を出現させ、結果の周囲が炎症します。
そうなるとますます血管は広がり、三叉神経が刺激される…という負のサイクルが始まります。
この刺激のサイクルが始まると、三叉神経からの情報が大脳へと伝達する過程で視覚、聴覚といった感覚を司る「後頭葉」「側頭葉」といった中枢神経系や、吐き気を司る「嘔吐中枢」にも刺激が届くようになり、結果、光や音などに敏感になり、吐き気や嘔吐の症状が現れるのです。
その根幹である血管が広がる原因として、脳内物質のセロトニンが過剰に放出されている、というのが考えられます。ストレスがたまることによる刺激が脳に届くと、血管を収縮させる「セロトニン」が大量に生み出されます。その後、時間が経過してセロトニンが分解されると、収縮していた血管が急激に拡張する「反動行為」をおこし、頭痛が起こるのです。
このように、頭痛が長引くとさらなる頭痛を呼ぶ。というこのサイクルにはまらないうちに対処しなければなりません。
片頭痛を引き起こすメカニズム
片頭痛の予兆や前兆
片頭痛には「予兆」「前兆」と呼ばれる特徴的な症状があります。
いまだはっきりした原因がわからない片頭痛に対して、その予兆から対応を早まらせることが出来ますので、予兆を知る事は重要です。
「予兆」は、痛みが起こる数時間前から、1~2時間前にみられる現象です。精神的な落ち込み、情緒の乱れ、食欲の増進、イライラする。あくびが頻発し、疲労感が高まり、集中力が失われるといった症状が現れます。片頭痛患者の中でこうした予兆を感じ取るのは約5人に1人と言われています。
「前兆」は予兆よりも頭痛が起こる直前といったかたちが多いものです。視界の一部が欠けたり、閃光がランダムに表れる「閃輝暗点」という症状が出るのが特徴です。通常は一時間もしないうちに収まりますが、その後で頭痛が起こります。
閃輝暗点の他にも、言葉が出にくくなったり、手足にしびれが生じたりするなどの症状が現れる人もいます。また、「前兆を感じることは出来るが、頭痛はこなかった」という片頭痛患者もいます。
人間は気構えが出来ているだけで痛みは和らぐところがあります。予兆、前兆を知ることで片頭痛とより向き合いやすくなるでしょう。
片頭痛の予兆や前兆
片頭痛薬のマクサルト
片頭痛薬のマクサルト 実際に片頭痛の症状が現れた際に必要になってくるのが、痛みを和らげる治療薬です。
最も代表的なものが「マクサルト」となります。
主成分にリザトリプタンを使用したこの薬は、片頭痛の要因である広がってしまった脳の血管を収縮させて、三叉神経に働きかけて血管を拡張する物質が放出されるのを抑えます。
片頭痛の症状が現れた初期段階で服用するのが最も効果的ではありますが、症状が現れた後で服用しても効果はあります。
また、マクサルトのジェネリック医薬品として「リザクト」という薬も存在します。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に同じ製法、同じ薬効成分の比率で構成された薬で、製造コストを下げることが出来るので、安価に服用が出来るというものです。もちろん発売に当たって国が定める厳しい基準をクリアしていますので、安全に購入ができます。
頭痛が起きたら錠剤として服用する(外出時などの時のために、水なしで服用できるタイプも販売しています)。という「いつも持っていて安心」という薬であるマクサルトですが、薬である以上は副作用やリスクは存在します。
血管を締める、という性質を持つ薬だけに、狭心症など、心臓が悪い方などの状況を悪化させる恐れがありますので、循環器系に病気を抱えている方は服用の際に注意が必要です。
また、副作用として動悸、めまい、吐き気に倦怠感といった症状があります。また、喉や胸がつかえるような不快感が起こる場合があり、これらは飲み始めの時に顕著です。
また、片頭痛は飲酒が引き金となる場合があり、食事にも注意が必要です。
TOPに戻る