お荷物追跡

出荷時にお知らせした配送番号を入力して下さい

電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用等につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

早漏症[ Premature Ejaculation ]

早漏症(PE症)とは
早漏症とは、PE[Premature Ejaculation]とも呼ばれる病気で、男性が自身の射精を意思通りに行うことが出来ず、性行為を続けられない状態のことを言います。
この早漏症は診断基準が現在においても振り幅があり、どれをもって早漏症とするのか。というラインが確立されていません。恥ずかしさから医師に相談する患者も少なく、これまでは治療手段もなかったことなどが原因です。
このように早漏症には難しい問題はあれど、世界において最も一般的な診断基準が以下となっています。

早漏症(PE症)とは ・膣内に挿入後、射精までの時間が2分以内である。
・膣内に挿入途中、挿入直後、または挿入前に射精に至ってしまう。
・上記の状態がが反復・持続する。
・射精のコントロールがまったく出来ない。
・早漏によって、深刻や対人関係の問題や精神的苦痛を感じてしまう。

上記四項目を「全て満たした人」が早漏症と呼ばれ、服薬治療などに至ります。
このような言葉で説明をしましたが、「男性の我慢がきかず、すぐに射精をしてしまい、パートナーに申し訳なく、また自分自身が情けなくなってしまう」という、早漏が持つイメージとはかけ離れてはいません。
男性としてのプライドに加え、パートナーとの関係にも影響が及ぶのが早漏症です。きちんと向き合って対応してゆく必要があります。
早漏の原因
早漏の原因 早漏の原因は多くが心とストレスから生じる「心因性」のものであると言えます。
過敏性早漏、ストレス性早漏、心因性早漏といったものや包茎性早漏、衰弱性早漏といった体の機能を原因とする早漏症も存在します。

過敏性早漏

過敏性早漏とは、陰茎の感覚が敏感すぎるがゆえに、弱い刺激を受けても射精に至ってしまうという症状です。
これは10~20代の若者に多いとされています。
性行為における膣の締め付けに過敏になり、また、亀頭部が敏感すぎて風呂のシャワーで陰茎を洗う際にさえ、刺激を感じすぎてしまうといった症状が見られます。また、過敏性早漏は自慰行為が原因になっている場合もあります。10~20代の若者は親と同居していることも多く、見つからないように早い射精を心がけ、強く手による陰茎への刺激を与えているうちに、「早く射精をしなければならない」と脳にインプットをされてしまい、実際の性行為においての射精も過敏になってしまうのです。

包茎性早漏

包茎性早漏は「仮性包茎性早漏」とも呼ばれる早漏症の症状のひとつです。
亀頭部が陰茎の皮に包まれている状態ですが、そのために性行為において亀頭が露出してしまうと、刺激は格段に強くなり、射精コントロールが効かなくなってしまうのです。
性行為の際の刺激が強い、というのは「気持ちがいい」ということですが、やはり敏感になりすぎてしまうというのはよくありません。
ただ、こうした包茎性早漏は性行為の経験不足といった部分も多いものです。また、包茎の手術をして常に亀頭部を露出させてゆくことで改善する可能性もありますが、全ての包茎男性が早漏症に悩んでいるといことでもありませんので、性行為を積み重ねてゆくことというのが重要です。

心因性早漏

心因性早漏とは、陰茎部への刺激がわずかなものであったとしても、性行為における女性の声、表情、手に触れる肌の感触、もしくは性行為そのものに対しての興奮が過敏になってしまい、射精へと至ってしまう症状です。
早漏の原因の多くはこの心因性であると言われており、射精を司る自律神経が過度の興奮により射精の信号を出してしまうと言われています。
性行為に関して期待を持つのはいいことですが、過度の期待、ファンタジーの域にまで達してしまうと、それはパートナーとする性行為ではなく、性行為をしている自分自身に興奮しているということでもあります。お互いを認め合う行為というのが性行為ですので、いい意味での「落ち着き」を取り戻す必要があります。

衰弱性早漏

衰弱性早漏とは、主に加齢によって症状が出る早漏症です。
歳を重ねることによって、「射精管閉鎖筋」という射精を司る筋肉の働きが弱まってしまいます。
この「精子の流出をせき止める筋肉」が弱くなるとどうなるのかというと、「実際の絶頂ではないところで勝手に精子が出てしまう」という、なんとも心苦しい結果に繋がります。
加齢によって男性ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、筋肉まで指令がいかなくなってしまうのが原因と言われています。
早漏が原因で起こるトラブル
早漏症により、男性は自信を失い、パートナーに対しても申し訳ないという気持ちになるものです。
「自分で気持ち良くなってくれるからうれしい」というポジティブに考える女性はいるかもしれませんがそうした発想にも限界はあるというものです。
性行為はお互いを確かめ合う事でもありますし、あまりにも早い性行為は自分は最低限射精の快楽を得ていたとしても相手に「気持ちよさ」を与えられていないということですので性的絶頂に達する事が出来ないパートナーは次第に自信を失ってきます。結果、パートナーは関係性に悩み、別れを切り出すことにもなってくるのです。
人間の三大欲求は食欲・睡眠欲・性欲です。やはりこの中の一つが満たされないというのは対人関係の危機と言えるでしょう。
性欲が満たされないことにより浮気に走るパートナーは、男性よりも女性に多いと言います。
性生活に不満がある女性はそのサインを出すわけですので、男性も寄ってきやすくなるのです。
「体の相性がいい相手と付き合っている場合、浮気の可能性が減る」というデータもありますから、パートナーが自分のことをポジティブにとらえてくれているうちに、しっかりと己の早漏症と向き合うことが必要です。

早漏が原因で起こるトラブル
早漏の改善・防止・治療
早漏の改善方法にはいくつものやり方があります。
「リドカイン」をはじめとする局部麻酔の医薬品による治療。
または勃起を促進させる薬の服用。
そして薬を使わない「スクイーズ法」の実践などの方法が代表的なものとされています。

スクイーズ法による改善

スクイーズ法は、早漏症で悩む方に、最もシンプルかつ効果のある治療法としておすすめできるものです。
1970年に性科学を専門に研究していたマスターズ&ジョンソン夫妻が開発した方法です。
方法はとてもシンプルなもので、ピストン運動によって刺激を受け、射精しそうになったら陰茎を女性器から抜き、亀頭部を握り込みます。射精感のおさまりと共にまたピストン運動を繰り返す…というものです。手で行っても同等の効果がありますので、1人でも出来るのが特徴です。

セマンズ法による改善

早漏症の改善に使われるシンプルな治療法はスクイーズ法以外にもあります。これがセマンズ法です。
セマンズ法は二段階に分かれており、第一段階はパートナーに手で陰茎を刺激してもらい、射精しそうになったら刺激を中止します。
射精感がおさまったらまた刺激を続け、これを四回繰り返し、四回目で射精させてもらいます。
第二段階はこれを膣で行い、基本的に女性に動いてもらい、四回目の射精については自分で動くという方法です。
このようなトレーニングを積むことで射精閾値があがり、射精までの時間が長くなります。

避妊具による防止

早漏防止には避妊具を使うという手段もあります。
亀頭の刺激、膣による陰茎への締め付けが射精を促しますので、性交時にそれを抑えるのはとても効果的です。
早漏防止用の避妊具(コンドーム)は各社から販売されております。
現在主流となっているコンドームの厚さは0.03ミリ程度となっています。これだと刺激が強すぎると思っている方は二枚に重ねるという方法もありますが、脱落などのリスクもありますので、早漏防止のコンドームとして厚さが0.1ミリのタイプを購入されることをおすすめします。約三枚重ねの計算になるため、刺激を減らすことができます。
また、コンドームの内部に「ベンゾカイン」という麻酔成分が塗られ、刺激を減らす事を目的とした「早漏防止コンドーム」という製品も存在します。

お薬による治療

早漏症をしっかりと病気としてとらえ、医師の相談を仰ぐことは大変重要です。
早漏症の治療として一番に効果があるのは、やはり薬による治療です。
早漏治療薬には大きく分けて二種類があり、ひとつが陰茎に直接塗布して使用するもの。もう一つが経口で使用する薬です。
塗布するタイプでは、治療軟膏としての「トノス」が有名です。
これは局所麻酔成分と男性ホルモン(テストステロン)が含まれています。麻酔成分が陰茎の皮膚から吸収されることで陰茎の感度を鈍らせること、男性ホルモンが勃起を促すというものです。高齢の男性が使用する物で、若い方では含有されている男性ホルモンが正常な分泌を妨げる場合がありますので、男性ホルモンが含有されていない麻酔成分だけの軟膏・クリームを使う必要があります。
飲むタイプで有名なのがプリリジー、ポゼットといった薬です。主成分とになっている「ダポキセチン」が、脳内物質であるセロトニンを分泌させ、脳を落ち着かせることで射精にいたるまでの時間を長くさせます。
早漏の改善・防止・治療
スーパーPフォース
スーパーPフォース スーパーPフォースは経口タイプの早漏症治療薬です。
特徴としてバイアグラなどに含まれている勃起を促進させる成分「シルデナフィル」と射精を抑制させる薬プリリジーに含まれている「ダポキセチン」が一錠の中に含まれています。
これにより、陰茎は固く保たれ、刺激は十分に受けながらも射精までの時間を長く楽しめるものになっています。
ジェネリック(後発医薬)なので、バイアグラよりも安価に購入できる利点もあります。
スーパージェビトラ
スーパージェビトラ スーパージェビトラは、経口の早漏治療薬です。
射精感を抑制する薬効成分「ダポキセチン」に加え、ED治療薬に含まれている勃起を促進させる成分「バルデナフィル」が一錠の中に入っているものです。
バルデナフィルの特徴は、効果が出るまでの時間が短く、また、食事の影響を受けないことにあります。性行為に至るには食事などのプロセスが外せませんので、余計な事を気にせずに服用し性行為をすることができます。
エクストラ・スーパータダライズ
エクストラ・スーパータダライズ エクストラ・スーパータダライズは経口の早漏治療薬として、射精感を抑制する「ダポキセチン」と勃起を促す「タダラフィル」という二つの薬効成分が配合されています。
ED治療薬に含まれているタダラフィルの特徴は、他のED治療薬の勃起促進効果時間である4~5時間から大幅に伸びた持続時間にあります。
タダラフィルの勃起促進の効果は最大36時間という長時間持続するものです。早漏防止効果も6時間と長いので、食事の影響も受けることなく性行為を楽しめます。
Prilox(リドカイン)
Prilox(リドカイン) Prilox(リドカイン)とは、表面麻酔タイプの早漏防止クリームです。
薬効成分である「リドカイン」は、打撲、傷口の痛みを緩和させることを目的とした局所麻酔薬です。
陰茎に塗る事で、刺激に対して耐性を付けることができます。
当然ながら塗った場所にしか効果が出ないため、ピンポイントで陰茎部への刺激のみをやわらげることが可能です。特に仮性包茎が原因となり、亀頭部への刺激に弱い方は、亀頭部に塗る事で早漏を改善できます。
ポゼット
ポゼット ポゼットは早漏症の治療薬で最も有名な「プリリジー」のジェネリック(後発医薬品)です。
ジェネリックは、新薬の特許が切れたことにより、成分の含有比率などをまったく一緒の構成で作る薬です。安価に、かつ安全に使用することができます。
ポゼットの主成分「ダポキセチン」が、射精に至る信号を出す脳に働きかけて、リラックスの元となる脳内物質「セロトニン」を活発にさせ、射精感を抑えます。
効果は4~5時間持続しますので、余裕をもった服用ができるのも特徴です。
TOPに戻る