お荷物追跡

出荷時にお知らせした配送番号を入力して下さい

電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用等につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

性感染症[ Sexually transmitted disease ]

性感染症(性病)とは
性病とは、性行為を媒体として感染する病気を言います。
性感染症を含めて「STD(Sezually Transmitted Diseases)」と呼ばれており、病原菌が含まれた血液、膣分泌液、精液などが性器や口の粘膜や皮膚などに触れることで感染する「接触感染」です。
接触感染と名がついてしまうと、握手はハグといった行為で感染してしまうと思ってしまいますが、そうした日常生活においては感染しません。
あくまで「粘膜レベルの感染」です。
こうした性感染症はかつて「風俗店でかかるもの」というイメージがありました。
しかし、現在は通常の人間関係の中でも性感染症の危険性は広がっています。
ひとりのパートナーとしか性行為をしていない人でも過去のパートナーが感染していると、性感染症の可能性は高くなるのです。
性感染症は自覚症状がないまま病状が進行していゆくことも多いので、「誰しも感染する、感染している可能性がある病気」として認識する必要があります。
また、性行為の体験年齢が下がり、10代の間にも性病は広がりを見せています。
また、中高年の方も性行為を楽しむ時代もありますので、全年齢において性感染症のリスクは高まっていると言えるでしょう。
性感染症も様々な種類がありますが、世界に置いても年間70万人が感染すると言われている淋病、日本人の感染が特に多い、性器にかゆみ、痛みが生じる「クラミジア」などが有名な感染症です。

性感染症(性病)とは
性病の種類
性病の種類 性病の種類は様々ですが、代表的なもので性器に痛みやかゆみが生じるクラミジア、淋病、カンジタ症といったもの。
性器に水ぶくれやイボなどが生じる性器ヘルペス、尖圭コンジローマといったもの。
発熱や発疹が現れる梅毒、膿や排尿痛を生じさせるトリコモナス、免疫能力がなくなる重病でもあるHIV(AIDS)などがあります。
いずれも性病は自覚症状がないまま進行することが多いので、定期的な検査と共に早期の治療が必要になります。

クラミジア

クラミジア クラミジア感染症は「日本で最も多い性病」とも言われている性感染症です。
性器または性器周辺に症状があらわれ、進行次第で全身にも症状が現れてしまいます。
10代から20代といった若い方の感染例が多い病気でもあり、20代の方が20人いれば、約3人はクラミジアに感染していると言われています。
主だった症状としては、性器にかゆみや痛みが生じるものです。
女性の場合はおりものが増え、不正な出血があります。症状が進行すると卵管炎を引き起こすこともあります。
また、性器クラミジアを発症している男性に対してオーラルセックス(フェラチオなどの行為)をすることにより、のどへの感染がおこり、咽頭クラミジアが発症することもあります。
感染したまま放置をしてしまうことで、不妊症の原因となってしまいます。
男性の場合は排尿の際に痛みが生じ、また尿道にかみゆや不快感がおこりますが、そうした症状が出ないまま病状が進行し、精巣上体炎に繋がることもあります。
精巣上体炎になると激しい痛みが起こりますので注意が必要です。

淋病

淋病 淋病とは、淋菌に感染することで起こる性感染症です。
性行為で感染するのはもちろん、のどから感染する「咽頭淋病」と呼ばれるものも存在しています。
症状は、男性では尿道にかゆみや違和感が生じる。
排尿時に強い痛みがある、性器から膿が出るといったものがあります。
また、女性ではおりものが増える。その臭いが自分でもわかるほど強い。
といったものがあります。
淋病は自然治癒せず、治療をしなければ病気を治すことはできません。
自覚症状があまり起こらないのが性病の特徴ですが、淋病は数日で悪化することもある病気です。
女性の症状が悪化すると腹部へと侵入した菌により不妊の原因となり、激しい痛みが生じます。
男性の場合は精巣に菌が入り込むことで炎症に至り、不妊となります。
いずれにせよ淋病は性行為を原因として、本来の性行為の結果である妊娠に対して深刻なダメージを与える結果になりますので、しっかりと治療のために向き合う必要があります。

性器ヘルペス

性器ヘルペス 性器ヘルペスは性感染症として最も一般的なもののひとつです。
性行為を媒体にしてウイルスへと感染し、性器の周辺に水ぶくれが出来るというものです。
その原因となる「単純ヘルペスウイルス」と呼ばれるウイルスには1型と2型が存在し、症状が下半身にあらわれるものを2型と言います。
性器ヘルペスの特徴は、初めて感染し、治療した後でも、体力の低下などの機会と共に再発してしまうことにあります。
一度体内に入り込んだヘルペスウイルスは潜伏してしまうので、水ぶくれを取っても「完治」ではありません。
ただ、性器に出来るヘルペスというのはパートナーにも不安を与えます。
水ぶくれを取って「症状をなくした状態」ではウイルスの量も少なく、感染に至る可能性は極めて低いものです。
神経質になりすぎずに、まずは水ぶくれを取るところから始めましょう。

梅毒

梅毒 性感染症の中でも知名度が高いものが梅毒です。
かつては進行してゆくと「体が変形する」「鼻が落ちる」ということもあり、非常に恐ろしい病気でした。
時代劇などで梅毒に感染して怪物のようになっている殿様などが出ていたものです。
今は抗生物質がありますので、そこまで進行することはなく、治すことが可能です。
ただ、感染後しばらく症状が出ないといういわゆる「潜伏期間」があるのが梅毒の特徴です。
性器のしこり、太ももの付け根の腫れといった初期症状はすぐに医師の相談が必要です。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ 尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスとも呼ばれ、性器や肛門の周辺にイボが出来る病気です。
このイボは人によりニワトリのトサカのような小さい粒であり、乳頭くらい大きいものの場合があります。
性行為で感染するこのイボは外科手術によって切除できますが、体内に入り込んだウイルスそのものを完全に除去することは難しく、一度感染してしまうと再発の可能性と向き合いながら暮らしてゆく必要がある病気です。

カンジタ症

カンジタ症 カンジタ症は、膣などの性器にある「カンジタ真菌」と呼ばれるカビがきっかけになって起こります。
正確には「性感染症」ということではなく、性交の有無にかかわらず発症する可能性がある性病です。
元々体内にいる菌の活動が異常に活発になる。
ということですので、体調不良時にカンジタ症が発症したり…と様々です。
女性の場合はおりものの量が多く、いつもの違うタイプのおりものになる。男性は恥垢や白いカスが出るなどという症状です。

AIDS

AIDS HIVとは「ヒト免疫不全ウイルス」と呼ばれるエイズウイルスです。
感染することで免疫力が低下します。
人間の体内には様々な菌やウイルスが潜伏していますが、それらは体内の免疫の働きによって普段は抑えつけられていますが、HIVに感染することにより、通常なら問題ない病気によって命を落としてしまうのです。
感染はのどの痛みやだるさがおこり、潜伏期間が数年あるというものです。
治療法は進歩しており、発症を抑えられるような薬もありますので、初期症状が起これば即座に病院に行く必要があります。
クラミジア・淋病の治療薬

ジスロマック

ジスロマック ジスロマックはクラミジア感染症の治療薬として最も有名なものです。
クラミジアの治療は本来、服薬回数も多く、治療に長い期間がかかるものが主流でした。
そのため、完治するまでに時間がかかり、また患者も途中で治療をやめてしまうという問題がありました。
しかし、ジスロマックの薬効成分「アジスロマイシン」が一回の服用で7日間ほど継続します。
クラミジアは感染率が高く、自分が治療済みでもパートナーが感染した状態のままだと再感染してしまいますので、共に服用をして根絶する必要があります。

アジー

アジー アジーはクラミジアの治療薬として有名なジスロマックのジェネリック(後発医薬品)です。
薬効成分である「アジスロマイシン」が、クラミジアの症状である皮膚の炎症、子宮頚管炎、咽頭クラミジアからくる急性気管支炎、咽頭炎などに対して治療効果をもたらします。
アジーは副作用も少ない薬ではありますが、クラミジア感染症の根絶には7日間ほどの期間が必要になってきますので、しっかりと服用を続けることが重要です。

LQuin

LQuin L-Quinは、クラミジアをはじめとした性感染症の治療へ使用する薬です。
薬効成分である「レボフロキサシン」を使うニューキノロン系の薬と呼ばれており、クラミジアの原因でもある細菌の活動を抑えるため、細菌の増殖原因である「核酸」を作り出すことを阻害する効果があります。
こうした薬は抗菌薬とも呼ばれ、1日1回の服用をする事で、クラミジア、尿道炎、淋病と」いった病気の治療をすることができます。

レボフロックス

レボフロックス レボフロックスは淋病、クラミジア感染症の治療薬であるクラビットのジェネリック医薬品です。
新薬の特許から切れた後、その新薬と薬効成分の比率、内容を同じくしたものを発売することで、安価に、そして基準をクリアしてから販売されるため、安全に使うことが出来る薬です。薬効成分レボフロキサシンが細菌の増殖を強力に抑えますので、クラミジアや淋病は元より、膀胱炎、前立腺炎、バルトリン腺炎といった性病に特に効果を発揮します。
ヘルペスの治療薬

バルシビル

バルシビル バルシビルは性器ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスに対して使用する性感染症治療薬です。
帯状疱疹や単純疱疹、水疱瘡などの治療に用いられます。
薬効成分である「塩酸バラシクロビル」がヘルペスウイルスの増殖を抑え、ウイルスDNA鎖の伸長を食い止めます。
ヘルペスは残念ながら再発を完全に防げない病気ではありますが、ウイルスの量が少ない発症初期に使うとより効果的であり、バルシビルを服用することで再発の可能性を減らすことが出来るのです。

アシビルDT

アシビルDT アシビルDTはヘルペスの治療薬である「ゾビラックス」のジェネリック医薬品です。
薬効成分の「アシクロビル」の働きにより、ヘルペスウイルスが体内で増殖することを防ぎます。
ヘルペスは性器周辺にイボのような疱疹が出来る病気であり、クリープタイプの薬も存在していますが、自分ではなかなか見つけることの出来ない性器の裏の部分などにもヘルペスが出ていることがあり、塗り残しを防ぐためにも内服薬をおすすめしています。
カンジタ・トリコモナスの治療薬

クロトリマゾール

クロトリマゾール クロトリマゾールはカンジタ症に効果を発揮する治療薬です。
水虫の治療薬としても有名なこの薬の効果は、カビの一種である「真菌」の発育を阻害することにあります。
カンジタ症もカンジタ菌が異常に活発化することによってかゆみ、かぶれなどを発症する病気ですので、抗真菌剤が効果的なのです。丁寧な塗布により完全に真菌を死滅させ、完治させることができます。 クロトリマゾールは1961年に日本でも販売されている歴史のある薬ですので、安心して使用することができます。

フォルカン

フォルカン フォルカンはカンジタ症による女性器の炎症(カンジタ膣炎)に効果を発揮する治療薬です。
その代表的な薬「ダイフルカン」のジェネリック医薬品となり、安全に、そして安価に服用をする事ができます。
この薬の特徴として、カンジタ真菌の合成を阻害するほか、女性器に潤いが出る(膣分泌液の量が増える)という副次的効果があります。
性行為の際に潤滑が足りないという女性にも愛用されており、そうした目的で使用もされることから「女性版のバイアグラ」とも呼ばれています。

ファジシン

ファジシン ファシジンは尿道や膣に、肉眼で目視出来ない寄生虫「トリコモナス」が付くことで起こるトリコモナス症を治療するための薬です。
トリコモナス症は性行為での感染が主ともはいえ、下着やタオルの共有でも感染経路となり得ます。
泡状のおりものが出る、かゆみが強くなる、痛みがあるなどの諸症状が出る場合は、早めの服用をおすすめいたします。
1日2回の服用で薬効成分である「チニダゾール」が膣トリコモナス原虫を死滅させます。
尖圭コンジローマの治療薬

アルダラクリーム

アルダラクリーム アルダラクリームは尖圭コンジローマの治療薬として世界75か国以上に渡り愛用されています。
現状では、性器に細かいイボのようなものが生じる尖圭コンジローマの症状が現れると、外科的療法により除去することになるのですが、このアルダナクリームは性器への外科的療法をすることなく、塗布するだけで治療が出来るのが特徴です。
これにより出血や痛みといったデメリットを感じることなく、治療をすることが可能になります。
TOPに戻る